報告

神奈川ゆめ奨学生「クリスマス会」を開催しました。

12/22(日)、神奈川ゆめ奨学生を対象とした「クリスマス会」を開催しました。
会場は昨年と同様のパルシステム神奈川ゆめコープ様の会議室。
今回も公益財団法人よこはまユースの方々に食事作りの応援や、ゲームの進行役を
していただきました。さらに今回は、JAいわて花巻の方々のご協力により「しめ縄作り」
のワークショップも開催され、生産者の方々と会話を交わしながら、作る楽しさを体感で
きたクリスマス会でもありました。


また、このクリスマス会では、11/22にみなとみらいで開催された「パルゆめつなごう展」
でご来場のみなさまからいただいた『奨学生への応援メッセージ』を奨学生のみなさんに
紹介し、ご寄附いただいたノートは、クリスマスプレゼントのひとつとしてお渡しできま
した。



クリスマス会のスタートは、みんなでクリスマスランチの準備。
キンパ(韓国風海苔巻き)作り、ミネストローネ作り、オードブルの電子レンジ調理のグ
ループとそれぞれのグループに分かれて準備を進めます。
初めてのキンパ作りに戸惑っていたのは、ほんの数分。
コツをつかむのに時間はかかりませんでした。
「包丁で海苔を切るにはこうしたほうがいいよ」
「具の量はこのくらいにしないとね!」
など、スタッフが奨学生からアドバイスを受ける場面もありました。



テーブルいっぱいにセッティングされたクリスマスランチ。
「メリークリスマス!」の合図で乾杯し、みんなで美味しくいただきました。会の中盤には、
ゲームや雑談で盛り上がり、会議室に賑やかな笑い声が広がりました。
NPO法人イエローエンジェル様からご提供いただいた、レトルトカレーも予想通りの
大人気!奨学生のお土産としても持ち帰らせていただきました。



食事の後はJAいわて花巻様の協力のもと、お正月用のしめ縄作りを教えていただき
ました。ほとんどの子たちが稲ワラを見るのは初めて。稲ワラがうまくまとまらずに困惑
気味の奨学生の姿もありましたが、JAいわて花巻の方々のやさしい方言交じりの丁寧な
ご指導のおかげで、奨学生・スタッフ全員が美しいしめ縄を見事完成できました。








今回クリスマス会に参加した奨学生の中で、まなびれっじに参加した奨学生から
「2学期の成績があがった!」と喜びの声を聞きました。子供たちの成長を感じるこ
とが、私たちスタッフの元気の素になっていることを実感する瞬間でした。

クリスマスの食事作り、そして生産者の方々との新しい出会い。
今回のクリスマス会は、奨学生にとって特別なものになったことと思います。

パルシステム神奈川ゆめコープ様からのクリスマスプレゼントを奨学生のみなさん
にお渡しして、会がお開きとなりました。
ご協力いただいたみなさま、本当にありがとうございました。

2020年は、第1期神奈川ゆめ奨学生が卒業を迎える年度になります。
みなさまの応援が、奨学生のひとりひとりの笑顔につながっている様子をこれからも
お伝えしてまいります。