報告

奨学生への「パソコン」と「プリンター」の貸与をスタートしました

当財団は、新型コロナウイルス感染拡大を受け、教育機関がオンライン授業の導入・
移行を進める中、神奈川ゆめ奨学生に対してパソコンとプリンターの貸与をスタートし、
7月上旬に貸与を希望する奨学生の自宅へ送付することができました。

 今回のサポートは、奨学生に向けて行ったアンケート(休校中の学習方法や進捗
状況、各家庭の通信環境について)の回答結果をもとに検討し、具現化したものです。
 パソコンとプリンター(写真)は、一般社団法人日本電子機器補修協会(JEMTC)
の「IT教育慈善事業に関する機材支給助成事業」に申請し、審査を経て無償譲渡を
受けたもの(ノート型パソコン25台、インクジェットプリンター12台)。
パソコンの設定や操作方法はJEMTCが運営されているパソコンレッスン動画や、
当財団が開設したブログで案内しています。

 当財団は、このサポートを機に、これまで対面のみで開催していた学習支援をオン
ラインでも参加できるように整え、子どもたちの選択の幅を広げていきたいと思って
います。

 奨学生へのサポートは、みなさまの募金によって支えられています。
みなさま一人ひとりの継続的なご支援をお願いいたします。