報告

5月学習支援「まなびれっじ」を開催しました!

今年度、最初の学習支援「まなびれっじ」が5月15日(日)に、パルシステム神奈川新横浜本部にて開催しました。
2019年からはじまった学習支援「まなびれっじ」も4年目となり、寄り添い型支援の柱の一つとなっております。
「まなびれっじ」は奨学生が教えてほしい科目をボランティア大学生が個別に指導する学習プログラムです。
今回は13名奨学生と10名のボランティア大学生が参加してくれました。

午前中は今年度から関わりを持つこととなった5期奨学生と今回はじめて参加してくれたボランティア大学生に余事務局長より「まなびれっじ」について説明がありました。
そして、今回も公益財団よこはまユース様の富岡さん、山中さん、尾崎さんにお力をお借りして、初対面の奨学生とボランティア大学生が打ち解けやすいように自己紹介やゲームを一緒に行うと、最初は緊張して無口な奨学生からも笑顔が見え、ボランティア大学生と賑やかに交流している姿はさすがでした。
よこはまユース様には日頃より、財団の活動に多方面でサポートをしていただいております。

場もすっかり和んだ所で、ランチタイム。
今回も株式会社パルブレッドさんよりご提供いただきましたパンに各々、具をのせたりと思い思いに楽しみ、おしゃべりも弾んだ休憩時間を過ごしていました。

午後は、今年度から希望者に導入しました「スタディサプリ」の使用説明があり、その後、ついに「まなびれっじ」です!
対面およびオンラインで、あちらこちらで白熱した授業が行われました。
ボランティア大学生も学習の合間におしゃべりを交えながら、奨学生との距離を縮め、質問しやすい関係を作ってくれました。
「もっと勉強したかった!」「参加して楽しかった!」との声も寄せられ、奨学生とボランティア大学生のいい関係が作られたと感じています。
今回もオンライン参加の奨学生や会場でもZERO PCが活躍していました。

最近はコロナとの共存ということで、高校、大学では、部活動、サークル活動も通常に戻っているところも増えて、開催を心配しておりましたが、沢山の参加者にいいスタートを切ることができました。
賛助会員のみなさま、公財よこはまユース様、株式会社パルブレッド様、パソコンを提供いただいたピープルポート株式会社様など、多くのご支援、ありがとうございます。
今年度も寄り添い型サポートをしてまいりますので、よろしくお願い致します。