子どもたちの状況

高校生は授業料がかからないのに支援が必要?


高校生の授業料無料とは、高等学校等就学支援金制度により授業料が補助され、結果として公立高校では支出がないことを指しています。
しかしながら、文部科学省の調査※1から、授業料のほかにも多くの支出があり、国や県の様々な制度を使用しても家計に負担が大きくかかっていることがわかります※2市町村によっては独自で奨学金制度を設けているところもありますがすべて補えるものではありません。
大学生の奨学金制度と違い、各都道府県や市町村により支援に違いがあります。

※1 平成26 年度の子どもの学習費調査:授業料の他、修学旅行費、学校納付金、実習材料費、教科外活動費、通学関係 費、学校外活動費(補助学習費、スポーツ活動等)に1 年間家計から支出している費用の調査。
※2 上表は、子ども一人の非課税世帯の場合、且つ神奈川奨学金は公立高校で1万円/月、私立高校では3万円/ 月の貸与を受けた場合の一例です。

奨学金の給付だけじゃない支援って?

経済的な困難はもちろんですが、子どもたちの困難な状況はそれだけではありません。
親以外のおとなとの関係が希薄で気軽に相談できるおとながいなかったり、家庭で学習できない環境であったりとさまざまです。

そこで、神奈川ゆめ奨学生が気軽に悩みを相談できる「相談ダイヤル」を設置し、相談内容によって、学習支援であったり、居場所であったりと状況に合わせて、地域でさまざまな支援活動を実施している個人や団体の方々に協力をいただき、支援を行います。
そのほかにも、将来への糧として視野を広げる活動や、職場体験などのキャリア教育を実施しながら働くことについて学びの場を設けます。